ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

カテゴリ:コネタ( 4 )

猫にクレジットカードが発行される オーストラリア [ 2007年01月05日 12時49分 ]


   さて、この記事。

   一読した感じでは「しょうがない銀行だなぁ。」と言う感想しか出てこないが

   疑問がいくつか残る。(オーストラリアだし。・・別にいいんだけど)


   ①2枚目のカードを作るとは本人の2枚目なのか?家族カードのことなのか?
    
    本人の2枚目なんて作れないと思うのだが?(合鍵じゃあるまいし。)
    家族カードの場合、いちいち本人確認など取らなかったと思うが?
    (クレジットカードとはそもそも「信用」販売である。)


   ②実際に窓口(店頭)で申請したのか?それとも書類を送付したのか?

    これも①の疑問とカブってしまうが、本人の2枚目なら確かに名前を確認するべきだろう。
    家族カードの場合は通ってしまってもしょうがない。
    (いちいち「これは猫の名前ですか?」なんて聞く筈もない)
    猫だろうと、犬だろうと、間違った名前だろうと通ってしまうだろう。
    家族カードはあくまで付随的なものであり、身分証明でもないからだ。


   ③そもそも、嘘偽りを書いて申請(不実記載)をすること自体、違法なのではないか?

    不当な行為でカードを手に入れること自体、犯罪行為だと思うのだが。
    (これで逮捕されたりしたら、それこそ世界びっくりニュースだ)

    

    「身元確認のために一族全ての戸籍やら家計図持って来い!」」なんて言われたら、

    それこそ文句垂れるんだろうなぁ。こういうタイプの人間は。



 
  銀行のもっとも大きなミスはこのような不審な人物にカードを発行してしまったところに有る。
  
  ネコ云々でなく、まずこのおっさん(おばちゃん?)の身元確認をするべきなのだ。


  
  まあ、わざわざ地元メディアに語っているところからして、目立ちたかったのだろう。


    こんなこと、日本でやって捕まっても知りませんよ。
  
    (数日後にbitコネタのほうで検証記事が載ると思う・・・^^;)




    ここまで書いて気付いたが、


    猫にクレジットカードを発行すること自体に

    何か問題でも?あるのか?

    (契約約款に「人間でなきゃダメ」とか書いてあったか?)


    日本でさえ、流れ者(文字通り)のアザラシに住民票を発行する自治体があるくらいだからな・・・・


    ジョークじゃねえの?
    


 [記事引用]

   
[シドニー 4日 ロイター] オーストラリアの銀行が猫にクレジットカードを発行してしまい、謝罪する羽目になった。猫の飼い主が銀行の身元確認におけるセキュリティをチェックしようとカードを申請したところ、発行されたという。

謝罪を行ったのは同国のクイーンズランド銀行。キャサリン・キャンベルさんが2枚目のカードを作るために、飼い猫の「メシア」の名前でカードの発行を申請したところ、今回のような事態となった。

キャンベルさんは木曜日、地元メディアに「本当に信じられません。このようなことが起こってしまう事実を皆さんも知る必要があります。銀行はセキュリティをもっと厳重なものにすべきだと思います」とコメント。

銀行側はすでにこのクレジットカードをキャンセルしたことを発表、声明で「あってはならないことが起こってしまい、謝罪いたします」としている。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-09 13:22 | コネタ
それって本当にシャンパン? フランス | Excite エキサイト



   今度はシャンパン・ポリスか?と思ったが単なる詐欺のようだ.

   産地偽装、というやつだ。

  


  「フランスのシャンパーニュ地方産の発砲ワインのみが”シャンパン”と呼ばれる」

    (本当)


   というのは結構メジャーなトリビアだと思ったが.


   かつて日本もフランスからの抗議で”シャンメリー"に呼称を直した過去があるから

   大きなことはいえない・・・・

   まあ、スパークリングワインでも、発砲ワインでも。シャンメリーでも

   それなりに飲めればいいのだ.



   引っかかる奴はどうせブランドバカなんだから。
   



   [記事引用]
それって本当にシャンパン? フランス [ 2006年12月23日 11時57分 ]


高級シャンパンが実は廉価なスパークリング・ワインかも!? (ロイター/Ian Waldie)

[リール・フランス 22日 ロイター] あなたの家に飾ってあるクリスマスツリーの横にあるのは本当にシャンパンですか? 中身は安いスパークリング・ワインかもしれませんよ。

フランスの警察は金曜日、安価なスパークリング・ワイン数万本を高級シャンパンと偽って販売した容疑で、現在21名を取り調べていることを明らかにし、一人が禁固刑となったことを発表した。

犯行手口は安いワインを買い付け、そのラベルを貼り替えて仕入れ価格の5~10倍で販売するというもの。これまで一年間に渡って捜査が行われていた。

詐欺の被害者は数百名とされており、犯行グループは戸別訪問販売などで売りさばいていたという。








 
 
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-24 12:32 | コネタ
新聞の勧誘、効果的な撃退法はあるのか!? | Excite エキサイト



  ドア越しに「いりませ~ん、間に合ってます」が基本でしょう。防犯の面から言っても。

  ウチでは念の為、ドアののぞき穴からセールスマンの顔を撮影してますが。

  でも、あまりにベタ過ぎますので。


    「(インター)ネットで十分です!」


  の方がスマートかと思われ。

  新聞などという前時代的なメディア根本から否定するこの言葉は

  どんな新聞にも使えます。

  実際、引っ越してから3年間、拡張員は来ていません。


  でも、「新聞セールス近代化センター」という名前から察するに

  「近代的じゃない」セールスだってことは自覚しているようですな。





 [リンク]
  新聞なんてもういらない


  
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-06 12:51 | コネタ
チャーハン・餃子、中国では「残り物で」!? | Excite エキサイト


  中国ではチャーハンは外食してまで食べるものではないらしい。
  というか、海鮮チャーハンなぞ、わざわざウチでも作らんが。
  やっぱり残り物でしょう
  卵・ねぎ・たまねぎ・ソーセージ・・etc それに塩コショウ。
  じゃことかあれば結構旨いチャーハンになるもんだ。

 >餃子

  祖父母が満州帰りということもあってかウチでは水餃子がスタンダードだった。
  ゆでたあと、酢醤油・ラー油・胡椒で作ったタレにつけて食すのだ。
  耳型の餃子の包み方は今も指先が覚えている。
  自家製の皮のほうがもっちりして旨いのだ。手間はかかるけど。
  出来合いの皮はやっぱりイマイチ。
  一日置いたものはちょっと味が落ち着いてまた旨い。
  たしかに、残ったものは焼き餃子や揚げ餃子にして食べていた。
  ある意味、正統派(?)だったのかも。

  ”焼き餃子”単体で食べたのは結構後で、ラーメン屋に行くようになってからだと思う。 

  
   
   似たようなネタとして「レンゲ」の話がある。

   「何で日本人は、あんな大きなレンゲでチャーハンを食べるのか?」という中国人の疑問だ。

   言われてみると確かに大きいし食べにくい。スプーンのほうが楽かもしれない。

   「でも中華だから・・・これでいいんじゃない?」 と思ったら大間違い。


   中国人はだれも、あんな大きいレンゲで食べたりしない。・・とのこと


   散蓮華(レンゲ) - Wikipedia



[PR]
by hotwired2010 | 2006-07-05 15:33 | コネタ