ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

カテゴリ:リコール( 4 )

絶好調任天堂にトラブル 「おごり」はないのか [ 12月18日 18時42分 ] J-CASTニュース
任天堂は、新型ゲーム機「Wii」のリモコン用ストラップと、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」のアダプターに不具合があるため、無償交換する、と2006年12月15日に発表した。年末商戦真っ只中にトラブルが重なったわけだが、ゲーム業界などから「任天堂は決算、DS人気と絶好調ゆえに、タガが緩んできたのではないか」という指摘も出ている。

「Wii」のストラップの「ひも」がゲームプレイ中に切れて、手からすっぽ抜け、テレビや照明を直撃してしまう事故が起きていると、06年11月19日に先行発売したアメリカで話題になり、ユーチューブなどにその映像や写真が掲載されていた。

「欠陥はない。それでも自主回収」
任天堂広報はこれまで、「ストラップに問題は無く、特殊な使い方などをした結果」と、あくまでユーザー側の責任としてきたが、実は、06年12月4日の出荷分から、それまで0.6mmの太さだった「ひも」を1.0mmに替え出荷していた。やはり、「欠陥」を意識しての事だったのか。ストラップの交換は、全世界で320万個、国内で約37万個を対象にしている。任天堂広報はJ-CASTニュースの取材に答え、

「欠陥などでは全くありません。前にも話したように、余程の事がなければ切れるなどということは起こりえないし、また、リモコンを手から離さないようにという注意を呼びかけてきました。ただし、より安心して遊んでいただけるように改良にも取り組んできたわけで、今回の無償交換を行うことになったわけです」
と話した。一部の報道にある「リコール」も完全否定。アメリカのCPSC(米消費者製品安全委員会)、日本の経済産業省から欠陥はないというお墨付きをもらい、それでも自主回収することにしたのだという。 一方で、06年12月6日に米国ワシントン州で集団訴訟を求める訴えが起こされたというニュースも流れた。これについて任天堂広報は、

「集団訴訟に発展させようとしているようですが、訴えたのは1人です。集団の利益の何を求めているのかはっきりしていなくて、コメントのしようがないんです。凄いことがアメリカで起きているような誤解を生む報道はどうかと…」
と、「集団訴訟」と報じたメディアに対して疑問を呈している。

「身を引き締めなくてはいけない」と反省の弁
一方で、「ニンテンドーDS」、「ニンテンドーDS Lite」専用ACアダプタについては、完全な不具合だ。長野日本無線社製の約20万台のアダプターが無償交換の対象で、故障が発生した状態で通電した場合に、極めて稀だが、過熱で外部樹脂が損傷し、発煙や火傷の原因になる可能性があるという。年末商戦の一番大切な時期にこうしたトラブルが重なって起きるのは、業績が絶好調で、新型ゲーム機「Wii」の評判が非常に高い中「天狗になってタガが緩み、手からから水が漏れているのではないか」と、ゲーム業界内外からの声も聞こえてきている。

「そういうご指摘があるのなら、真摯に耳を傾けたい。DSは国内1,400万台という前人未到の売れ行きで、Wiiも従来のゲームスタイルの変革に取り組んでいる中で、そういうスキが生まれたのか…身を引き締めなくてはいけない」
任天堂広報は、反省とも受け取れる答えをした。



  毎回、初期ロットユーザーを(確信犯的に)人柱にしてるソニーよりはマシだろう。

  対応も早いし。ちゃんと認めて直してるんだから。

  今までに無い遊び方なんだからもうちょっと慎重に強度設定してもよかったと思うけどな。

  それにしても、youtubeの動画の人は・・・力入れすぎ!



  Wii remote plus SWEATY HANDS equals SMASH

  
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-18 22:12 | リコール
<ソニー>中鉢社長、電池回収問題で弁明 対応不手際認める [ 12月01日 03時01分 ] 毎日新聞
 
ソニーの中鉢良治社長は30日、毎日新聞のインタビューに応じ、ノート型パソコン向けリチウムイオン電池の発火問題について「もう少し素早く原因究明をきっちりやるべきだった」と、対応の不手際を認めた。そのうえで、「(会見が遅れ)電池への不安が拡大する結果になった」と述べ、説明不足を反省するとともに、今後は消費者との対話を重視していく方針を示した。
 同電池の不具合や新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の発売延期などでソニーの技術力の低下が指摘されているが、中鉢社長は「技術力が落ちたと言われたが全く違う。悔しい思いだ」と真っ向から反論。「電池は大容量化に応えようとして、PS3はコストを下げる新しい製造法に取り組もうとして、トラブルが起きた。いずれも挑戦の過程で起きたことでソニースピリットの表れだ」と説明、今後も技術革新に挑戦する姿勢を示した。
 ソニーは主力の電機部門の不振に苦しんでいるが、中鉢社長は「(新型の液晶テレビやデジカメ、ビデオカメラなど)この1年でソニーらしい良い商品がどんどん出てきた」と強調。電機部門で売上高に対する営業利益の割合を引き上げる経営目標については「回復の度合いは想定以上」と達成に強い自信を示した。【斉藤望】

 ◇30日、毎日新聞のインタビューに応じた中鉢良治ソニー社長との主なやりとりは次の通り。【聞き手・斉藤望】

 ――リチウムイオン電池の発火問題への対応には批判もあります。

 ◆もう少し素早く、不具合の原因究明をきっちりやれば、これほど批判されなかった。消費者の不安を取り除こうと回収範囲を広げたところ、「隠していた」「対応が後手に回った」と否定的に受け取られてしまった。

 ――記者会見が問題発生の2カ月後まで遅れた理由は?

 ◆電池の場合、ソニーは部品として納入する立場。パソコンの完成品メーカーや各国当局との調整などさまざまな制約があり、会見がすぐに開けなかった。ただそれで不安が拡大する結果になった。ソニーの対応が良かったとは思わない。もっと消費者に理解される対話に努める。経験は必ず今後に生かす。

 ――会見では社長自身が説明しませんでした。

 ◆品質の最終責任は私にある。しかし個別の問題の説明は、直接知っている担当者がふさわしいと思った。

 ――電池だけでなくプレイステーション(PS)3の発売も遅れ、「ソニーの技術力が落ちた」との指摘もあります。

 ◆全く違う。悔しい思いだ。電池は大容量化に応えようとして、PS3は部品のコストを下げる新しい製造法に取り組もうとして、トラブルが起きた。いずれも挑戦の過程で起きたことで、ソニースピリットの表れだ。ただリスク想定が不十分だった反省はある。

 ――相次ぐトラブルで販売への影響は?

 ◆ないと思っている。これだけ騒がれたのはソニーへの注目が高い証拠。お客様は商品で理解してくれるはずだ。

 ――復活途上の電機部門の現状はどうですか。 ◆この1年で液晶テレビ、デジタルカメラ、ビデオカメラとソニーらしい良い商品がどんどん出てきた。社内に部門横断で商品について語り合う場が出来たのが大きい。07年度の営業利益率4%という目標を掲げているが、達成度合いは想定以上だ。

 10月から既存のビジネスは副社長に任せ、私は3年後、4年後も勝ち続ける技術開発を担当する体制に変えた。新しい商品群など成長エンジンとなるビジョンを明確に打ち出していきたい。

[おことわり] exciteニュースの流れが速いので全引用としました。




  ほんとにこの社長はアホじゃないのか?


  あまりにツッコミどころが多すぎる。


[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-01 22:04 | リコール
<三菱ふそう>トラックなど7万5400台をリコール

  相変わらず三菱は


  燃えたり、落っこちたり


  と派手なリコールが多いな。


  死亡事故に直結するぞ..これ


[PR]
by hotwired2010 | 2006-10-18 01:01 | リコール
<ソニー>ノート型PCに搭載の電池、全世界で回収・交換

 【ワシントン木村旬】ソニーは28日、ノート型パソコンに搭載されている同社製電池(リチウムイオン電池)を全世界で自主回収・無料交換すると米国で発表した。中国・聯想(レノボ)と米IBMが同日、ソニー製電池を使っているノート型パソコンの発火事故が米国内で発生したとして同電池52万6000個のリコール(回収・無償修理)を発表し、同様の事故が続出していることから、ソニーは「消費者の心配を払しょくする必要がある」と判断し、大規模な回収に乗り出すことを決めた。


先日、全米の消費者が選ぶ 「ベストブランド番付」で第1位となったソニーだが、早速のリコールである。

 以前、ソニーといえば信頼と技術。アイデアにあふれた会社のイメージがあったが、今はその面影はない。
ウォークマン伝説などはもう過去の話だ。

ソニータイマーと言われる、計ったように起こる機能不良(マスプロダクトには必須なのだが)の多さなどでブランドイメージは筆者の中では確実に低下している。(社長交代からひどくなった?)VAIOに手を出したことも一因だが。


 ちなみに、筆者が持つ8mmデッキ、VHSデッキ、トリニトロンモニタはことごとく機能を停止している。


ソニー信者の友人いわく、「高機能な製品の性能を保つには、高度(頻繁な?)なメンテナンスが必要とされる。」
、と言うことらしいが。なんか間違っていないか?(ヒストリックカーじゃあるまいし・・)

そう言えば、PSの初期不良、PS2の初期不良、PS>PS2との互換性不良、PSPの初期不良と続き、PS3が発表されたばかりなのに、心配になるニュースでもある。

ipodに敗れ、薄型テレビ市場に出遅れ(トリニトロン管に固執しすぎたと言われる)ソニーにとってかなりの痛手であると思うが、
しっかりとメーカーとしての責任を果たし、復活に期待したい。



[PR]
by hotwired2010 | 2006-09-29 14:41 | リコール