ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

当ブログ、管理人への感想をお書きください。
エントリー(ネタ)へのコメントが削除される場合もこちらにお書きください。
削除したコメントをこちらに移動しておく場合もあります。


「comments」をクリックすると書き込み用の窓が出ます。

コメントの禁止キーワード。


死ね
トラックバックスパム
天候デリバティブ
通りすがり
100人斬り
学資保険の選び方
資料請求専門
融資オンラインシミュレータ
123ja8119


類似するキーワードも禁止しております。
最低限のマナーは守ってコメントしてください。
[PR]
# by hotwired2010 | 2006-01-02 10:54 | 感想・ご意見

[PR]
# by hotwired2010 | 2001-02-04 18:05 | 事故
以後、粘着コメント、エキセントリックなコメントはここにコピーして元コメントは削除いたします。

読む人のことを考えての事なのでご理解願います。

管理者のコメントも同様です。






Commented by KAORU at 2007-03-10 17:58 x
親の怠慢であろうが何であろうが、時代錯誤な法律であることは間違いない。DNA鑑定のある現代では裁判などの面倒な手続きは必要なく、親子鑑定は簡単にできます。ならば犠牲になるのが罪の無い子供である以上、時代錯誤な法律は改正するのが当然でしょう。親が怠慢であろうがヤンキーであろうが馬鹿であろうが関係ありません。問題の本質を取り違えているのではないですか。
Commented by hotwired2010 at 2007-03-10 19:21 x
>KAORU さん
 元記事。及びエントリー・関連記事を良くお読みください。
 
 総務省は手続きを簡略化する意向を示していますが、722条そのものを変える気はないといっております。
 なぜならば問題の本質は記事にあるような”無戸籍”問題ではないからです。

≫時代錯誤な法律であることは間違いない。
 間違いです。
 
 ”親が無責任でも良い”というのが現代のスタンダードだと言うのなら別ですが。 

≫DNA鑑定のある現代では裁判などの面倒な手続きは必要ない~
 早速、問題を取り違えているようです。
 ”親子鑑定”が問題の本質なのではありません。
 仮に、鑑定の結果が”前夫の子であった”としたら、
 今の夫の戸籍に入れるためには 
 結局はエントリーで述べたような手続きが必要になります。(親子関係の放棄の確認)

 つづく
Commented by hotwired2010 at 2007-03-10 19:21 x
 つづき

≫犠牲になるのは罪のない子供
 これも、問題を取り違えています。
 罪のない子供を犠牲にしているのは”親自身”なのです。
 なんでも法律の所為にすれば良いというものではありません。

≫時代錯誤な法律は改正するのが当然でしょう。
 当然ではありません。
 運用を変えればいいだけの話です。

 法律の成り立ちを考えればこれは必要な法律です。
 そもそも、子供の利益を守る為の法律であり、
 養育・相続・親の責任をハッキリさせるためのものなのです。

 問題の本質は、法律を守らずに都合のいいように法律を変えようという人がいるということです。
 (守れば何の問題もなく、不利益もないのに)

Commented by kaoru at 2007-03-11 01:51 x
話が噛み合いませんね。そもそも300日という規定自体が妊娠期間十月から来ていますが、100年前とは違い現代では21週で生まれてくる場合もあります。DNA 鑑定が前夫の子である場合は裁判所での手続きをすればいいでしょう。しかし、鑑定の結果がそうでなかった場合にはそんな手続きは不要です。問題の本質は無国籍に無いと言いますが、現実に無国籍児という問題が生じているわけです。罪のない子供を犠牲にしているのが親だから仕方が無いというのでは、虐待死も親のせいだから仕方がないということになります。法を変えるなり、運用を変えるなりどちらでもいいですが、泣く子を減らすようにするのが政治でしょう。
Commented by kaoru at 2007-03-11 01:52 x
子供の利益を守る法律と言いますが、それは責任を果たす親の子の場合であり、あなたがいうところの無責任な親の子は基本的人権すら失うわけです。親のせいだから仕方ないではすまされません。それに子供の利益を守るための法律という論拠がわかりません。養育、相続の問題のために前の夫の証言がなぜ必要なのか。前の夫が嘘をついたらどうなるのでしょう。証言よりも科学的鑑定の方が遙かに客観的で信頼性があります。親の責任をはっきりさせる目的というのは聞こえはいいですが、それでは親の責任がはっきりしない子供は見捨てると言うことですか。いい加減な親はこの法律の有無に関わらずいい加減なのではないでしょうかね。
Commented by hotwired2010 at 2007-03-11 20:42 x
>kaoru さん
 少し落ち着きましょう。話が噛み合わないのではなく理解できないだけです。
≫300日という規定
 問題の本質ではありません。あくまでも推定の目安です。
≫DNA鑑定をすればいい.
 実際に行なっているところもあります。300日以内だったら絶対に前の夫へ~と言う話ではありません。
≫無国籍児
 無戸籍の誤りです。
≫現実に問題が生じている。
 起こしている。の誤りです。問題を生じさせないのは親次第です。
≫仕方がないというのは~
 仕方はあります。「仕方がない」とは一言も言っておりません。
≫泣く子を減らすようにするのが政治でしょう。
 誤りです。泣く子を減らすのは親の責任です。(シャレではありません) 

 
Commented by hotwired2010 at 2007-03-11 21:00 x
≫無責任な親
 これが全ての元凶であり本質でもあります。
 このような親を責任が取れない親として裁いていくことを考えるべきだと思います。
 これだけ無責任な親が出る事を想定していなかったのが民法の問題ともいえます。

≫論拠がわかりません。
 例をあげましょう。
  離婚後300日前に出産、そのまま今の夫の子として戸籍に入れる。
  しかしまた離婚。
  子供の親権、養育権について裁判沙汰になる。
  DNA検査の結果、前の夫の子であることが判明。(分かっていたとしても同じだが・・)
  今の夫が親権の拒否、養育費の不払いを主張。
  前の夫を巻き込んでのゴタゴタ。
  (親子関係がまだ生きている!などと無責任な妻や今の夫は主張するだろう)
  一番不幸なのは子供.「僕はいったい誰の子なの?」と・・・
  
  無責任な親を認めて、無責任に無責任を重ねていったら・・どういうことになるのか、
  あなたには想像できませんか?
  想像できるから総務省は722条を変える気はない、と言っているんです。

Commented by hotwired2010 at 2007-03-11 21:04 x
≫夫の証言、嘘
  意味がわかりません。
  裁判とはいっても”調停”であり、
「こうこうこういう事で親子関係を無いことにしますからね」という手続きでしかないのです。
  まあ、3~4回もかかるというのは確かに面倒ですが。
  我が子のためにそんなことも出来ない人が果たして”親”と呼べますかね?
 
  まあ、これで戸籍を簡単に取れるようになったらとんでもなく悪用が増える気もするしね。

もうパターンであるとしか言えないのですが。
 
  自分の”責任”も果たさずに”権利”だけを声高に喚き立てる人が多すぎるのです。
  政治や法律の所為にすれば何でもいいと思っているようです。   

Commented by KAORU at 2007-03-13 01:00 x
私は十分に落ち着いていますよ。そもそも私は独身でありはっきり言えばこれは人ごとなのですから。しかし理屈に合わないものはあわないと思います。300日というのは確かに問題の本質ではありません。しかし300日という規定自体現在の科学では意味をなしさないことも事実です。これはあくまでも100年前の常識にすぎません。DNA鑑定を実際にしているところがあるのならば、全て行えば良いことです。それで現在の夫の子であることが証明されれば、前の夫を巻き込む必要はないはずです。無戸籍児、これは失礼しました。うっかりしてしまいましたね。現実に問題を起こしているというのは確かに一面の真実です。しかし、違う視点で見ればやはり問題が生じてしまっているのですよ。物事はいろんな角度から考える必要があるのではないでしょうか。一概に全て親だけのせいにするのは短絡的だと思いますが。
Commented by KAORU at 2007-03-13 01:10 x
あなたのあげた例ですが根本的に前提がおかしいと思います。離婚後300日以内に出産、そのまま今の夫の子として籍に入れるとありますがそんなことは言ってません。籍に入れる前にDNA鑑定で今の夫の子と証明されたらそのまま籍に入れれば良いと言っているのです(証明されなかった時に初めて前の夫の登場となります)。この場合には必然的に前の夫は法的、血縁的に無関係となり、相続権も養育権も関係なくなります。従ってあなたの例のようなことはDNA鑑定をしっかり行っていれば起こり得ないことです。もしそのようなことを総務省が想定しているのであれば、彼の役所は全く科学的ではないと言うことになります。逆にDNA鑑定も行わず300日規定の調停のみで親子関係を決める方が、物的な証拠が無いために間違いが生じる可能性があり、その場合それこそ後々DNA鑑定で間違いが判明したときに問題が生じてくるでしょう。裁判でもそうですが、人のあやふやな記憶を元にした証言よりも確固たる科学的証拠の方が遙かに信用できます。
Commented by KAORU at 2007-03-13 01:40 x
あなたはずっと親の責任を強調しますが、確かに親の責任はゼロではないでしょう。いかなる理由があっても、ということは言えます。しかし、現在面倒で費用もかかる裁判をしてまで子供のために戸籍を何とかしようとしているのは、遅ればせながら親の責任を果たそうとしているからでしょう。本当に無責任な親ならばそのまま何もしませんよ。彼女たちは自分の子供に対して愛情があり、又、負い目があるからこそ裁判を起こしたのでしょう。それを一言で無責任な馬鹿親と切り捨てるのはどうかと思いますよ。堂々と顔を出せばいいと言いますが、実際に顔を出して身元が分かったらどうなると思います。恐らく嫌がらせの電話が四六時中鳴り響き、職場、近所でも嫌がらせをされるでしょう。子供は下手をすればいじめを受けることになります。義務を果たさず権利だけを主張する人が多いのは確かです。マスコミなどはその典型で、報道で人権侵害するくせして報道の自由だけは守れと主張します。しかしこの場合はたった一度の過ちです。それををただせず、しかも被害が当人ではなく子供に降りかかる結果になる法律、これはただすのが普通の考え方ではないですか。
Commented by KAORU at 2007-03-13 02:06 x
人には人の事情があります。前夫と離婚するのにも様々な理由があります。前夫がとんでもないDV男だったかもしれない。監禁王子のようなグレートな性格だったかもしれない。離婚してもしつこく復縁を迫ってくる男かもしれない。そんな場合気の弱い女性であれば前夫と何があっても会いたくないと思うことでしょう。又、会えば現在の居所を知られてしまうかもしれません。子供のことを思えばそれでもと、後で言うのも第三者が言うのも簡単です。しかし当の本人に取ってはそう簡単ではないでしょう。離婚、結婚そして出産とつづき不安定な精神状態にあればましてやです。それに前夫が復縁を迫って一家惨殺などという事件もよくあります。そういうことを考えれば、一概に全て無責任、怠慢、馬鹿などと親を責める気にはなれません。最後に自分が無戸籍児で、しかし、親にはすごく大事に育てられたと想像してみてください。どうしようと思いますか。親にも少しは文句を言うでしょう。でもやはり一番は法律に文句を言いたくなるのではないですか。
Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:02 x
まとめもせずにこれだけ連投できる人が、十分落ち着いているとは思えません。
 何一つ要点を得ていませんし・・・
 御自分でブログを書いた方がよろしいかと。

気になった所のみレス。
≫科学
 DNA鑑定があるから300日規定がいらないと言うのはナンセンスです。
≫全てにDNA鑑定行なえばよい
  ずいぶんと太っ腹ですね。
  そんな無駄な事をしないで離婚後300日以内の子にのみ鑑定したらどうですか?
  わかりましたか?そのための300日規定です。

≫現在の夫の子であることが証明されれば、前の夫を巻き込む必要はないはずです
 既に言っています、ちゃんと読んでください。

≫問題について
 全ての問題には”原因”があります。”生じてしまっている”などということは無く”生じさせている”なのです。
 いろんな角度から見る必要などありません。元を正せばいいのです。
Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:34 x
≫例について。
 何度も言いますが。DNA鑑定で問題が無ければいいのです。
 噛み付くのもほどほどに。
御自分で
 「子供の利益を守るための法律という論拠がわかりません。」
 と言っているのにおかしいですよね?
 ”問題が起こる例”を挙げて、子供の利益を守るための法律という論拠を
 説明しているのに”DNA鑑定すれば大丈夫”というのは意味不明です。

≫籍に入れる前にDNA鑑定で今の夫の子と証明されたらそのまま籍に入れれば良いと言っているのです
 だから・・・・入れてるんですって。

≫必然的に前の夫は法的、血縁的に無関係となり、相続権も養育権も関係なくなります。
 当たり前です。

≫あなたの例のようなことはDNA鑑定をしっかり行っていれば起こり得ないことです。
 その通りです、まだ問題の本質が分かってない様ですね?
 本質は”DNA鑑定すらしない親がいる”つまり。無責任さ”にあります。
Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:34 x
≫逆にDNA鑑定も行わず300日規定の調停のみで親子関係を決める方が、物的な証拠が無いために間違いが生じる可能性があり、
≫その場合それこそ後々DNA鑑定で間違いが判明したときに問題が生じてくるでしょう。

 あなたは「調停」をカン違いしています。例え、前の夫の子だったとしても、どちらの戸籍に入れるのか?と言う話し合いが「調停」です。
 今の夫の戸籍を入れる為に、前夫に”親子関係はない”と証言してもらうわけです。
 物的な証拠とか、間違いが起こる、と言う次元の話ではありません。

 ちゃんと読んでますか?

 あなたが盛んに言うとおり、物的な証拠(DNA鑑定)があればそもそも調停は行なわれません。
 そのような流れになってるんです。

≫人のあやふやな記憶を元にした証言よりも確固たる科学的証拠の方が遙かに信用できます。
 だから、そういう鑑定を使って簡便に済ませるようにしようという動きなのです.

≫現在面倒で費用もかかる裁判をしてまで子供のため~に
 裁判のニュースなど出ていません(お願い、なら出ていますが)どこのソースでしょうか?

Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:35 x
≫遅ればせながら親の責任を果たそうとしているからでしょう
 修学旅行ですから、17年ですね。ずいぶんとまぁ・・
 今からでも調停は遅くないと思いますよ。法律をどうこうよりよっぽど筋が通っています。

≫恐らく嫌がらせの電話が四六時中鳴り響き、職場、近所でも嫌がらせをされるでしょう。
 そういうことだと認識はしてるんですね。でも推測に過ぎません。

≫子供は下手をすればいじめを受けることになります。
 推測に過ぎません、されるとしたらその原因を作ったのは誰でしょう?300日規定ですか?法律ですか?
 違いますよねぇ~??

Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:50 x
≫マスゴミ批判
 ここで話すべきことではありません。親はそのマスゴミに取材をOKしたわけですから。

≫被害が当人ではなく子供に降りかかる結果になる法律
 結果論で法律を語ったら、法律は成り立ちません。
 
≫人には人の事情があります。
 この部分については記事を読んできたようですね。
 しかしながら、そのための法律であり調停です。仲介役を入れるということなのですから。
 でも良く考えたら、今の夫もいるはずなんですよね、妻を守れない新しい夫って・・・
 前夫を恐れている様ではどうしようもありません。

Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:52 x

≫前夫が復縁を迫って一家惨殺などという事件もよくあります。そういうことを考えれば、
 一概に全て無責任、怠慢、馬鹿などと親を責める気にはなれません。

 だからと言って子供を”無戸籍”にしていいのでしょうか?
 自分が言ったことを覚えていますか?

   ≫「たった一度の過ちです。それををただせず、しかも被害が当人ではなく
   ≫ 子供に降りかかる結果になる法律、これはただすのが普通の考え方ではないですか。」

 被害を子供に降りかからせているのは”法律”ではなく”親”ですよね?

 まだ理解できませんか?

≫最後に自分が無戸籍児で、しかし、親にはすごく大事に育てられたと想像してみてください。
どうしようと思いますか。親にも少しは文句を言うでしょう。でもやはり一番は法律に文句を言いたくなるのではないですか。

 ありがちな〆方ですが・・・
 どう考えても親の責任です。まあ、法律に文句を言うことは簡単ですが.
 親の不手際の方を私は言います.

 ご期待に添えなくてすいませんね^^

Commented by hotwired2010 at 2007-03-14 06:57 x
≪お願い≫

 記事・エントリー・コメントをよく読み、要点を掴んでからコメントしましょう。
 読まないと言うことはありませんが・・・・
 同じことを何度も説明するのも、ツッコむのも疲れます。
 議論にすらなっていません。懐かしの”神様コント”をやっているような感覚です。
Commented by KAORU at 2007-03-16 23:04 x
私が冷静かどうかはまあどうでもよいでしょう。人のことを決めつけたがる方は沢山いますし、思うだけならば自由です。私は生まれてきた子供全てにDNA鑑定しろなどとは言ってません。親の特定が必要な時はこれを行えばよいと言っているのです。<既に言っています>と言いますが、どこで言っているんでしょうか。いくら読んでも分かりません。300日以内だったら絶対に前の夫へ〜と言うくだりでしょうか。そうとも思えませんが。問題というものは立場によっては<生じさせている>と思えても、立場によっては<生じてしまっている>ものなのですよ。色んな角度から見る必要が無いというのは驚きです。まあ一つの視点からしか見なければ」視野が狭くなってしまうのも分かりますが。全ての問題に原因があるのかどうかはさておき、原因というのは一つとは限りません。幾つかの要因が複合していることもありますし、そちらの方がはるかに多いでしょう。原因が一つであれば問題は単純ですが、世の中はそんなにシンプルではありません。もしそうならば、世界は今頃もっと平和でしょう。
Commented by KAORU at 2007-03-16 23:05 x
例についてですが、自分の書いた文章を良く読んだ方がよいですよ。例ではそのまま今の夫の子として戸籍に入れるとあり、DNA検査はもっと後で行っていますよ。又、<入れてるんですってば>と言いますが、どう読んでもDNA鑑定してからいれてませんよ。当たり前ですとも言ってますがあなたの例では当たり前ではなく前の夫を巻き込んでのごたごたとあります。DNA鑑定すらしない親がいる。物的な証拠があれば調停は行われないと言いますが、現在の法律では300日以内に生まれた子は前夫の子として届けた後に、裁判(調停ー言葉の問題でどうでもよいですが)手続きを経て再婚相手の子に訂正するのであって、DNA鑑定して物的証拠があるからと言って、そのまま今の夫の子として届けられないはずですが?本日のニュースではそのため、新法制定のに向けて自民公明両党が動き出したとありますけれども?
Commented by KAORU at 2007-03-16 23:05 x
裁判のニュースに関してはすみません。以前テレビニュースで見たと思っていたのですが、他のニュースと記憶が混線していたようです。でも子供のために面倒な運動を始めたという意味ではそれこそ本質的な問題ではないでしょう。今から調停をして取り戻せばと簡単に言いますが、相手が見つからないときは?それにそれで戸籍は取れるのでしょうか?人は困った事態にならないと問題を軽く見てしまう傾向があり、旅券の問題で重大性に気づき17年かかったと言うことでしょう。もちろん軽率と言えば軽率です。<推測にすぎません>確かにそうです。しかしそうならないというのも推測に過ぎません。17年前には最悪の事態を考えずに窮地に陥ったのですから、その反省から最悪の事態を考えてこういう行動とったのだと思いますが。最悪の事態に陥ってからでは手遅れなのですよ。因みに最悪の事態を想定せずに法律を作ると772条の様な法律になるのでしょう(もっともこれは100年前の法律ですから仕方ない面もありますが)
Commented by kaoru at 2007-03-16 23:08 x
<マスコミ批判>?ここでなぜこの親たちが登場するのでしょう。この親たちは私がマスコミに対して持っているような考えを恐らく持っていないと思いますよ。私はただ単にあなたの責任と権利の話に反応して書いただけですなんですがね。結果論で法律が成り立つかどうかは知りませんが、結果が悪ければ、そうならないように欠点を直して行く。それが人間の少ない長所の一つでしょう。そうやって人類は発展してきたはずです。法律だって初めから時代を超えて普遍的で完璧な法律などは希有でしょう。欠点を直し、又、時代に合わせて改正されつつ完成されて行くはずです。ところがこの法律は想定外の事態が発生してきたにもかかわらず、手直しを受けていません。だからこそこの法律は手直しが必要なので、それを問題はありませんと決めつけるのはどうしても疑問符がついてしまいます。普通の人であれば、そう考えると思うのですがね。

Commented by kaoru at 2007-03-16 23:08 x
前夫をおそれているようではどうしようもありません>そうでしょうか?相手が狂犬の様な人であれば
おそれるのは当たり前です。どんなに注意していても常に警戒していることは不可能ですからね。それを恐れないというのは単なる蛮勇です。子供を無国籍にしては当然いけませんし、あなたは誤解しているようですが親に責任がないとは私は言ってませんよ。それこそ良く読んでください。情状酌量の余地があるから一方的に無責任、怠慢、馬鹿と罵る気にならないと言っているだけです。前述しましたが、問題の原因は一つとは限りません。当然親の責任もあります。しかし原因を親だけに限定するのはあまりに視野が狭いとしか言いようがありません。他人を開かれた場で馬鹿呼ばわりする場合は、広い視野で熟慮の上にしてもらいたいものです。思いこみでするべき事ではありません。
Commented by KAORU at 2007-03-16 23:09 x
ありがちなしめ方。ありがちと言うのはそれだけ普遍的と言う可能性があり、ありがちな表現を馬鹿にしてはいけません。あなたは十分にこちらの期待に添ってくれましたので謝る必要はありませんよ。ブログの内容、今までのコメントから、多分こういう反応を返すお方だと予想していましたので、その予想が当たってある意味満足です。まあ少し悲しい気もしますがね。もうこれ以上は価値観の相違と言うしかないのでこれきりにしますが、最後に忠告です。もう少し視野を広く持った方がいいですよ。今のままでは法律原理主義者です。それと人のことを言う前に自分の書いたものを良く読んでみましょうね。人の行動と心理も良く勉強した方がよいでしょう。ブログを見ると過激に他人を攻撃していますが、フラストレーションの発露と疑われてしまいますよ。人格を疑われますから控えた方が賢いと言えるでしょう。
Commented by KAORU at 2007-03-16 23:14 x
これが本当に最後ですが、長々とすみませんでしたね。私もフラストレーションが溜まっているようですね。冷静さを失っていたわけではありませ
んが、人の事を一方的にけなす言葉に反発していた面は確かにあります。まあでもなかなか楽しめましたので、最後にありがとうと言わせても
らいます。
[PR]
# by hotwired2010 | 2001-01-01 02:01 | ネタ