ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

タグ:NHK ( 13 ) タグの人気記事


   そうすりゃ少しは危機感が出てくるんじゃないか?


   

 [記事引用]

NHK受信料の2割値下げ するのか、しないのか [ 01月29日 11時41分 ] J-CASTニュース

NHK受信料の未払いに端を発した受信料義務化問題の行方が混沌としてきた。総務省は2007年1月25日招集の通常国会に提出する放送法改正案で、受信料の支払い義務を明記する準備を進めている。だが、NHKの不祥事が一向に収まらず、義務化には国民の猛反発が予想される。この反発を和らげようと、菅義偉総務相はNHKに対し、受信料の2割値下げを要請すると明言した。これに対して橋本元一NHK会長は「値下げは困難だ」との姿勢を崩していない。

受信料の義務化は本当に必要なのかという本質的な議論を置き去りにしたまま、「値下げとセットなら義務化できる」のではとの思惑だけが先行している。

受信料の義務化と値下げはセット
橋本会長は1月17日、08年度のNHK予算を菅総務相に提出した。この席で菅総務相は、直接的な値下げ要請こそしなかったものの、「受信料の義務化と値下げはセット」との意向を示した。橋本会長は「放送の充実などの中で見極めたい」と、受信料値下げについての回答は避けたようだ。
総務省には「受信料の収納率は7割だ。この7割の視聴者に、払わない3割の人に対する不公平感が高まっている。放置すれば、公共放送と受信料制度が崩壊する」との危機感がある。そこで「義務化だけでは国民は許さない。増収分は国民に還元すべきだ」と菅総務相が迫る。
義務化すると収納率が8割以上に向上し、1,000億円程度の増収が数年後に見込めるとの試算が根拠だ。「後は、組織のスリム化などNHK自身の経営改革で2割値下げは可能。無理なことは言ってない」という。

NHKの方は義務化には賛同するものの、値下げは簡単には受け入れられない。義務化で不払い者が減ったとして、どのくらい受信料収入か増えるかが読み切れないからだ。もっとも、「難しい」と拒否の姿勢しか示さないことで、逆に「値下げを!」と菅総務相に強く迫られる素地をつくりだしたことは否めない。日本民間放送連盟の広瀬道貞会長(テレビ朝日会長)も07年1月18日の会見で、「(支払件数が)どれだけ増えたら値下げできると、メッセージを出せばいい」と、値下げできる条件をNHK側は示すべきだと述べている。

組織改革の姿勢乏しいNHK
値下げにはNHKの経営努力が欠かせないが、今のところその姿勢は乏しい。来年度の予算でも、NHKは経費削減を強調したが、昨年6月の政府・与党合意に盛り込まれた保有チャンネルの削減や、音楽・芸能・スポーツの制作部門を本体から分離するという組織の見直しはない。思い切ったスリム化努力が見えてこないのだ。

受信料義務化を放送法改正案に盛り込むかどうかについて、政府と与党は3月ごろに最終結論を出すことになっている。夏の参院選を控え、義務化に対する国民の反発を懸念する声も与党内に根強い。NHKの改革努力が乏しければ、「払いたくない。義務化なんてもってのほか」と拒否する視聴者の声が高まり、義務化見送りの可能性さえ残る。今後の論議はさらに迷走しそうだ。
[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-29 22:49 | ネタ
OZMAがNHK出入り禁止へ [ 01月12日 06時12分 ] スポニチ



 受信料返せ!!って言ったほうがいいでしょ。


   あんなもん見せられるのなら。


   ≫橋本会長は「現時点では(値下げは)厳しい状況」と語った。


    NHKに巣食うジーサンどもを2割と言わず切ったらどうだ?



[記事引用]
 昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に出演したDJ OZMAの“裸ダンサー”騒動で、同局の橋本元一会長は11日、東京渋谷区の同局で行われた定例会見で、OZMAの同局出演はしばらく難しいとの見解を示した。

 10日までに東京の視聴者コールセンターに寄せられた苦情は1796件。橋本会長は「われわれも(映像を回避するなど)機敏な対応が出来なかったことを反省している。(OZMAに)特別なペナルティーを考えているわけではない」としながら、「しばらくは使いづらい状況ではある」とした。今後は、生放送の歌番組に出演する歌手と「放送にふさわしくないことはしない」などの覚書を交わすという。OZMA側は10日に同局へ謝罪文を提出している。

 また、菅義偉総務相がNHK受信料を08年度から2割前後値下げすることを前提に支払いを義務化する方針を示したことに、橋本会長は「現時点では(値下げは)厳しい状況」と語った。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-12 12:36 | ネタ
DJ OZMA、NHKに謝罪…「視聴者に不快な思い」 [ 01月11日 08時05分 ] サンケイスポーツ


   キャラを捨てるつもりでやったんじゃないのか?

   謝るくらいなら最初からするなよ。


   カッコ悪。 



      注:)”確信犯”は分かって使っていますので、指摘のコメントは不要です。



  [記事引用]
 
昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場したDJ OZMAが出演中、女性ダンサーが上半身裸になったような演出をした問題で、所属事務所と所属レコード会社が10日、東京都渋谷区のNHKを訪れ、事情を説明した書面を提出した。
 所属レコード会社によると、OZMA側は9日にも同局を訪れてボディースーツを使った演出に至った経緯を説明。10日の書面では事実関係を改めて説明した上で、「騒動を意図したわけではないが、(NHK側に)断りなしの演出で視聴者に不快な思いをさせてしまった点は申し訳なく思っている」と“一部謝罪”する旨の文書を提出したという。
 11日には同局の橋本元一会長(63)が定例会見を行う。その場でOZMA問題の詳細を説明することになりそうだ。
 渦中のOZMAは今週から都内で新曲のレコーディングを開始。所属レコード会社によると、OZMA本人が騒動についてコメントすることはないという。
 しかし、“同一人物”とされる氣志團の綾小路翔は、7日更新のブログで「モラルは大事だね。でも自分の気持ちは自分の気持ち。もしも君が本当に真実を知りたいのならば、君自身が直接見たもの、触れたもの、感じたもの、それ以外のすべてを信じないことだぜ」(一部抜粋)と綴っている。
 同局には番組放送中から電話が殺到、これまで1000件を超える苦情が寄せられている。


[1/12追記]

 DJ OZMA所属事務所 「そんなに騒ぐことなのか」 [ 01月11日 18時56分 ] J-CASTニュース
2006年大晦日に放送されたNHK紅白歌合戦で、DJ OZMAと共演した女性ダンサーが裸のように見えるボディースーツを着て踊った問題で、OZMAの所属事務所・ミュージックタブロイドとレコード会社・東芝EMIのスタッフが07年1月10日、NHKを訪れて謝罪した。謝罪文書は「NHKに無断でボディースーツを着用し、一部の視聴者に不快な思いをさせたことについてお詫びする」という内容だった。
これについてミュージックタブロイドは、J-CASTニュースに対して「視聴者にサプライズを与えるためにはNHKにも無断でやったほうが効果的と判断した、という経緯を謝罪文書の中で説明した。一部に不快感を与えたことについての非は認める。しかし、あの演出については面白かったという反応も多く、正直なところ、そんなに騒ぐことなのかという思いもある」と話した。
OZMA自身は特にコメントを出しておらず、今後も出す予定はないという。OZMAの公式サイトでも紅白のことは触れていない。

  

  事務所が語ったことが本当だとすれば、

  本当にバカだな。と。

  「視聴者にサプライズを与えるためにはNHKにも無断でやったほうが効果的と判断した」

  とのことだが。
  
  ”視聴者へのサプライズ” と "NHKとの打ち合わせ” はまったく別の話で、

  結局、NHKへのサプライズ、と同じなのだから。(話を通していない)

  怒られて当然である。

  こんな、子供でもわかる理屈を、

  「あの演出については面白かったという反応も多く、
         正直なところ、そんなに騒ぐことなのかという思いもある」

  などと語ってしまうのだから。

  まあ芸能界など、こんなものか。
[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-11 10:12 | ネタ
<NHK受信料>08年度から「2割下げ」 総務相表明 [ 01月11日 01時15分 ] 毎日新聞



  まず。そのNHK幹部とやらのクビを切れ。


   話はそれからだ。
  

   改革に不要な人間とは、

   ○過去に前例がないと言う人間。
   ○このままでいいんじゃない?と言う人間。
   ○慎重になりすぎる人間。
   ○権益にしがみつきたがる人間。
   ○出来る訳がないと言う人間。

   
   いわゆるリストラではなく、改革する気がない人間を切る方が先なのだ。  
   


   [記事引用]

 
菅義偉総務相は10日、NHKに08年度から受信料を2割程度下げるよう要請する方針を固めた。総務省は今月召集される通常国会に受信料支払いを義務化する放送法改正案を提出する準備を進めているが、職員の不祥事続発で受信料不払いの動きが広がっているため、大幅値下げで義務化に国民の理解を得たい考え。値下げが実現すれば、NHK発足以来初めて。

 不祥事の影響で05年度のNHK受信料収入は6024億円と前年度比6%減少。総務省は「支払い義務」を放送法に明記、支払いが遅れた視聴者からは延滞金や割増金を徴収する制度の導入も目指している。

 NHK受信料はカラー契約(口座振替)で月額1345円で、2割下げると月額1100円前後になる。「このぐらい不退転の決意で臨まなければ放送法改正案は成立しない、というのが総務相の持論」と総務省幹部は話す。

 NHK受信料をめぐっては昨年6月の通信・放送改革をめぐる政府・与党合意にも引き下げと支払い義務化の検討が盛り込まれたほか、菅総務相は昨年10月の毎日新聞などのインタビューで「NHKが経営努力で信頼回復するのが一番だが、個人的には支払いを義務化するのがいいと思う。値下げも当然視野に入る」と話していた。

 ただ、受信料改定には国会の承認が必要。NHK幹部は「義務化だけで収納率が100%になる保証はなく、実際に収納率が上がるかどうかを見極めないと、値下げはあり得ない」と困惑気味の反応を示している。【工藤昭久、丸山進】

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-11 01:47 | ネタ
OZMA紅白ポロリ世界に衝撃 [ 01月04日 06時11分 ] スポニチ
 
大みそかのNHK紅白歌合戦で、DJ OZMAが裸に見える衣装の女性ダンサーを登場させた騒動を、ロイター通信は2日(日本時間3日)、世界に打電した。
 04年のNFLスーパーボウルのハーフタイムショーで、歌手ジャネット・ジャクソンが胸を露出し問題となったことを引き合いに出し「ジャネット・ジャクソン騒動のような事態にNHKが謝罪した」と報じた。ジャネットの場合、片方の胸が出たが、今回の場合は両方の胸が“丸見え”のようだったため「フルスケールのジャネット・ジャクソン騒動」と評している。
 さらに「レッド・アンド・ホワイト・ソングコンテストで司会者が“女性ダンサーがボディースーツを着ていたが申し訳ない”」と詫びたことや、OZMAの「リアルに見えすぎたかもしれない」とのコメントも伝えている。ニューヨーク・タイムズなどもこの騒動を報じた。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-04 09:50 | テレビ
紅白なんて、もういらない? [ 12月28日 19時01分 ] J-CASTニュース



   紅白関連の記事のリンクで閲覧数が上がってきたのだろうか?

   それだけ紅白がいらないと思われているということなのか。

   この記事。読んでみると結構変なのだが・・・


   ≫世の中はただでさえ、DMや請求書、督促状、差し押さえ予告など、いらないもので溢れている。


     DMはともかく、”請求書、督促状、差し押さえ予告”はいらないものじゃないぞ?


  ≫筆者独自の調べでは、紅白以上に不要な番組は少なく見積もって108はある。

     108って・・・・煩悩か??


  ≫暖かく見守ってあげるのが最上の策

     民放ならそれでいいけど、NHKだからね~



  [記事引用]


紅白いらない、もうヤメたら?という意見がある。まことにもっともな話だ。

今年57回目を迎えるNHK紅白歌合戦だが、視聴率は年々低下の一途。ビデオリサーチによれば、13回(1962年)ごろには80%以上の視聴率を稼いでいたのが、55回目にはついに39.3%(関東地方)。大台の4割を切った。昨年は、みの”視聴率男”もんたが司会をつとめたご利益か、なんとか下げ止まり、第2部で40%を回復した。しかし、今年はまた最低視聴率を更新するのではないかと囁かれている。

歌手も司会もみんなマンネリ
サザン、松任谷由実をはじめ、出演を依頼した大物にソッポを向かれるのは当たり前。かつては見向きもしなかったようなアーティストからも足蹴にされる紅白は、ボブ・ディランに「ハウ・ダズ・イット・フィ~ル♪(Like a rolling stone)」と歌われた女を思い出させ、哀れを誘う。

番組内容はたしかにマンネリだ。サムいコントに十年一歌の演歌。大トリはいつものサブちゃんである。ひさしくヒットのない和田”ゴッド姐ちゃん”アキ子だって、当たり前のように15場所連続出場中(通算30回は現役最多)。

司会は3回目の中居正広と2年連続の仲間由紀恵のコンビで、これまた新味はない。

やっぱり紅白なんていらない!? いや、しかし――である。世の中はただでさえ、DMや請求書、督促状、差し押さえ予告など、いらないもので溢れている。テレビ番組にしても、不要なのは紅白に限らないだろう。それを考慮に入れないのは公平さを欠くというモノだ。筆者独自の調べでは、紅白以上に不要な番組は少なく見積もって108はある。そもそも、いらなくないテレビ番組があるのかという点も疑ってかからなければならないだろう。

暖かく見守ってあげるのが最上の策
それに何事もヤメ時というのは難しい。

紅白もまだ57歳の現役であり、人生の閉店までにはまだまだ時間が残っている。たとえ1000回ハマっていたとしても、それを取り戻すだけのアラジン・チャンスはあるのだ。ここから紅白がディープ・インパクト級の飛びを見せ、視聴率はウナギ登りに――ならないとも限らないではないか。

紅白はきっと、そんな夢を見ているのだろう。長島茂雄なみにポジティブ・シンキングなお人なのだ。今後の見込みはないからもうやめておけ、と言われても意に介さない。あのロシナンテの御者のように突撃をやめることはない。

この手の人にはなにを言っても無駄なのだから、いっそのこと、暖かく、楽しみながら見守ってあげるのが最上の策ではないだろうか?

当J-CASTテレビウォッチとしても、ぜひみなさんに「夢の紅白」を観て楽しんでいただきたいと思ってる次第なのである。では、そのためにどうしたらいいのか。以下、具体的に紹介していこう。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-03 11:03 | ネタ
NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸” [ 01月01日 08時05分 ] サンケイスポーツ
 「第57回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京都渋谷区のNHKホールで行われ、ハプニングが続出した。開チン宣言で注目されたDJ OZMAは、本人の露出度よりも女性バックダンサーの“全裸”で驚かせ、抗議や問い合わせの電話が同局に殺到。本番中に三宅民夫アナウンサー(54)が謝罪を行う異例の事態となった。

 NHK開局以来、初のおっぱいポロリか? ブラウン管の前の誰もが、1度は目を疑った。

 問題のシーンは、DJ OZMAが歌う「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」の2番に突入する午後10時22分過ぎだった。金色に輝くリオのカーニバル風衣装を身につけた20人の女性ダンサーが突然脱ぎだした。

 ブラジャーやパンティーまで脱ぐ凝った演出で、お茶の間も公共放送のNHKでまさか!?と一瞬、目を疑ったに違いない。ただ、目を凝らして見ると、バストトップまでリアルに描いてはいるものの、バストや腹筋のラインをわざわざ入れるなど、肌色のボディースーツの上からヌードの絵を描いたと分かるものだった。

 しかし、NHKにはやはり抗議や問い合わせの電話が殺到。「あの衣装は子供の見ている時間にはふさわしくない」「ふざけすぎ」といったものなど、午後11時45分までに計252件あった。なかには、本当の裸と勘違いした視聴者もいたという。

 そこで同局では30分後の同52分、徳永英明が歌い終わった後に三宅アナが登場し、「さきほどのDJ OZMAのバックダンサーが裸ではないかという問い合わせがありましたが、ボディースーツを着用していました。誤解を与える結果となり、申し訳ありませんでした」と謝罪。結局この時間ロスが響き、審査結果発表が大幅に短縮されてしまった。

 OZMAは終了後、報道陣に囲まれ「リアルに作りすぎたかな。でも、見てくれないと意味がないから」とぽつり。その横を司会の中居正広(34)が通りがかり、「ちゃんとフォローしとけよ」と苦言を呈した。

 ただ、OZMAは「北島先生から『うまくいったな』と肩を叩かれ、器の大きさを感じました」と懲りてない様子。北島も「俺は隠れていたからちゃんと見ていなかったよ」と苦笑い。

 果たして、ここまで騒動を起こしたことが功を奏してアゲ♂アゲ♂視聴率といきますか。



   これでまた、受信料を払わない理由が出来たよ。





a0091182_0171994.gifAX
[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-01 10:09 | テレビ
ほしのあき半パイで開チンに対抗 [ 12月31日 06時11分 ] スポニチ
 
大みそか放送の「第57回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。スペシャルコーナーで司会を務めるグラビアアイドルのほしのあき(29)は、「開チン」宣言したDJ OZMAに対抗して「半パイ」宣言した。

 お笑いコンビ「キャイ~ン」と今年のニュースを振り返るコーナーに登場。ほしのは「チャームポイントの胸は強調しつつ、今年は美脚大賞も獲ったので脚も出します」とノリノリ。本番はピンクのお姫さま風の衣装で登場する。

 06年グラビア界に新風を巻き起こした遅咲きのアイドルは「谷間だけでここまでこられたと思うと…」と感無量。OZMAの「開チン」宣言には「だったらわたしも“開パイ”で…。それだと全部出ちゃうから“半パイ”でいきます」と対抗する構え。本番での露出についてNHKから「普段通りで」と特に規制されていないといい、88センチFカップが視聴者の男性を“膨張”させそう?



   これは NHK解体への布石ですか?


   それともほしのあきの枕営業の成果ですか?





a0091182_0171994.gifAX
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-31 09:32 | テレビ
NHK「紅白」巨乳で視聴率アップ作戦 2006年12月29日10時00分 ゲンダイネット
 
29歳にしてブレークしている巨乳グラビアアイドルのほしのあきが、NHKの紅白歌合戦に応援出演することが決まった。

 スポーツ界の話題を振り返るコーナーで7分間司会を務めるそうだが、注目は自慢の巨乳。胸元の開いたお姫様衣装で88センチのFカップの谷間を強調するらしい。NHKは民放並みに、お色気映像で視聴率を稼ぐ“英断”に出たが、紅白の根強いファンである地方のおじいちゃんたちが卒倒しなければいいが……。


   

   ほんと、記事を読んでるとアタマが痛くなってくる。


   なぜ、「歌合戦」に「スポーツ界の話題」が必要なのか?

  
   なぜ、「ほしのあき」なのか?



   視聴率云々言う前に受信料返上したほうがよっぽど人気は取れるぞ。


   NHKよ。





   まあ、また裏で金が動いてるんでしょうけど。


   (紅白出演はボランティアではありません)



a0091182_0171994.gifAX
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-30 00:09 | テレビ
不払い、2カ月で8万件減 受信料、法的督促が影響 [ 12月07日 18時18分 ] 共同通信
 
NHKの橋本元一会長は7日の定例会見で、一連の不祥事などを理由にした受信料の不払い件数が11月末現在で約103万8000件となり、9月末から約8万3000件減少したことを明らかにした。
 不払い件数は昨年11月末に約128万件に上ったが、その後は徐々に減少し、年内には100万件を切る見込み。NHKが進める法的な支払い督促手続きの影響とみられる。
 橋本会長は会見で「(不払い件数の減少は)視聴者の信頼回復の指標であり、想定よりも早く達成できた」と述べた。
 また11月末に東京簡裁に支払い督促を申し立てた東京23区内の33世帯のうち、2世帯が支払いに応じ、4世帯から分割での支払いの申し出があったことも明らかにした。



脅迫まがいのことをしておいて何を言ってるんだか...

  どこをどう斜め読みしたら”信頼回復”なんて言葉が出て来るんだ?

  勘違いも程々に.




[12/12追記]

NHKディレクターを逮捕 警視庁、大麻所持で [ 12月12日 16時27分 ] 共同通信
 
警視庁渋谷署は12日までに、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、NHK制作局のディレクター猪瀬公昭容疑者(46)=東京都町田市=を逮捕した。「自分で使うために持っていた」と供述しており、同署は使用や入手先についても追及する。
 調べでは、猪瀬容疑者は11日午後5時45分ごろ、東京都渋谷区道玄坂の路上で、乾燥大麻7・1グラムを所持していた疑い。
 1人で歩いていた猪瀬容疑者に渋谷署員が職務質問した。
 NHKによると、猪瀬容疑者は教育番組を担当していたが、体調不良を理由に9月から休職していた。NHKは「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントしている。



  また、”信頼”が地に落ちたね~

  天罰ちゃう?


[12/17追記]
痴漢でNHK職員を逮捕 電車で大学生の尻触る [ 12月17日 22時51分 ] 共同通信
 
警視庁蔵前署は17日までに、電車内で男子大学生の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯でNHK職員の芳之内祥智容疑者(30)=東京都小平市花小金井南町=を逮捕した。
 「不眠症で薬を飲んでいて、頭がボーっとしていた」と話しているという。
 調べでは、芳之内容疑者は16日午後7時半ごろ、JR総武線御茶ノ水-浅草橋を走行中の電車内で、東京都日野市の男子大学生(19)の尻を触った疑い。大学生が車内で取り押さえた。
 NHKによると、芳之内容疑者は2002年入局で、アーカイブス部で映像資料の管理に当たっていた。16日は休みだったという。
 NHK広報局は「視聴者に深くおわびする。事実関係を調べ、厳正に対処する」とコメントした。



  ”脅迫”、”麻薬”、”痴漢”と、なんでもありですな。


  NHKは!


  そのうち警察に次ぐ””犯罪組織””になるんじゃないですかね?



[12/22追記]
<NHK受信料>督促の5世帯異議申し立て 民事訴訟へ [ 12月22日 20時13分 ] 毎日新聞

 NHKは22日、東京簡裁に支払い督促を申し立てた33世帯のうち、同日までに5世帯から異議を申し立てがあり、民事訴訟に移行したと発表した。うち1世帯は分割払いを求めており、簡裁で分割回数など和解条件を協議する。1月から順次口頭弁論が開かれ、受信契約の効力などを巡って争われる。

 5世帯の滞納額は4万1850円から10万7640円。2世帯が異議の理由を示したが、NHKは「訴訟相手のことなので公表できない」としている。

 また、支払い意思を示しながら払わなかったり、督促状に対して反応がない10世帯に対しては、25日に東京簡裁を通じて仮執行宣言付き支払い督促を申し立てる。仮執行宣言後、2週間以内に異議申し立てがなければ債務が確定し、財産の差し押さえができるようになる。

 滞納分を支払った10世帯に対する督促は取り下げた。残る8世帯は、督促状が返送されてきたという。このケースについては訴訟に移行できないため、発送した時点で届いたとみなされる「付郵便送達」などを使い、改めて簡裁を通じて督促状を送付する。

 NHKの大西和幸営業局長は「もっと支払ってもらえると期待していた。裁判に移行したことは非常に残念」と語った。【丸山進】

 服部孝章・立教大教授(メディア論)の話 異議申し立てが対象世帯の1割以上というのは、受信契約があいまいで徹底されてないことを象徴している。督促状が返送されてきた8件は、主に受け取りを拒否したケースだろう。督促対象を全国に広げると、未契約との不平等が浮き彫りになる。NHKにとってはつらい先行きになりそうだ。


[12/25追記]
さらに3世帯が異議申し立て NHK受信料不払い [ 12月25日 20時29分 ] 共同通信

 
受信料不払いをめぐり、NHKは25日、東京簡裁を通じて支払い督促をした東京都内の3世帯が新たに異議を申し立て訴訟に移行したと発表した。これまで、分割払いを申し出た1世帯を含む5世帯が異議を申し立てており、訴訟に移行したのはこれで計8世帯。来年1月以降、同簡裁で口頭弁論が開始される

[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-07 20:54 | マスゴミ