ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

タグ:OZMA ( 5 ) タグの人気記事

OZMAバックダンサー全裸スーツ発売へ [ 01月24日 09時29分 ] 日刊スポーツ


   以前から、いわゆる”ヌードTシャツ”や、”作りものの胸”などはあったわけで、

   いまさら?といった感じである。



    ≫全裸だと勘違いされ警察に通報される騒ぎが予想される。

    ≫一般人参加のNHK「のど自慢」の出演者が着用する可能性もあり、



   ねえだろ、(^^;) OZMA並みのアホじゃない限り。

   (通報するほうもアホだが・・・・)

   その趣味がある人なら本当に全裸でやるしな。
  

   まあ、宴会芸、かくし芸でやる分には問題ないし。(干される可能性有り)
   
   売れるといいですね。


   ワハハ本舗の立場はいったい・・・・・  
 

   完全な「出オチ」だぞ。こんなの着ても




   [記事引用]

OZMAバックダンサー全裸スーツ発売へ [ 01月24日 09時29分 ] 日刊スポーツ

 昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で物議を醸したDJ OZMA(年齢非公表)の女性バックダンサーが着用したヌードスーツが、宴会芸グッズとして発売されることが23日、分かった。製造するのは都内のパーティーグッズメーカーのクリアストーンで、今年3月に宴会グッズを扱う大型店などで発売予定。同社は過去にマツケンサンバやレイザーラモンHGの衣装を模したコスチュームを販売した。年明けから「OZMAのバックダンサーの全裸に見える衣装はないのか?」の問い合わせが各地の販売店に殺到しているとの連絡を受け、急きょ全裸スーツを模したコスチュームの販売を決めた。
 DJ OZMAの紅白出演場面は41・8%(ビデオリサーチ調べ)の視聴率を記録。その後、女性ダンサーが全裸だと勘違いした視聴者の苦情がNHKに殺到し、同局橋本会長が謝罪するなど認知度は抜群。同社は「多くの方に楽しんでいただけるように、男性でも着用できるようなものにしたい」と話している。お花見シーズンの注目グッズになりそうだが、全裸だと勘違いされ警察に通報される騒ぎが予想される。一般人参加のNHK「のど自慢」の出演者が着用する可能性もあり、同局も警戒態勢が必要だ

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-24 12:03 | ネタ
DJ OZMAに教育再生会議大激怒…首相直属会議にまで [ 01月20日 17時05分 ] 夕刊フジ


   既に、記事自体ネタっぽいのだが。


   そもそも、この面子で”教育再生”を語ること自体、無理があるだろう。


   補佐官の発案とはいえ、いきなりOZMA裁判ですか・・・


   大統領ゴッコも程々にしましょう・・・安倍さん


   有害情報と教育に何の関係があるんだ?それって躾の問題だろ??



   [参考までに。]

   教育再生会議有識者

    浅利慶太 劇団四季代表・演出家
    池田守男 株式会社資生堂相談役
    海老名香葉子 エッセイスト
    小野元之 独立行政法人日本学術振興会理事長
    陰山英男 立命館大学大学教育開発・支援センター教授、立命館小学校副校長
    葛西敬之 東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
    門川大作 京都市教育委員会教育長
    川勝平太 国際日本文化研究センター教授
    小谷実可子 スポーツコメンテーター
    小宮山 宏 東京大学総長
    品川裕香 教育ジャーナリスト
    白石真澄 東洋大学経済学部教授
    張 富士夫 トヨタ自動車株式会社会長
    中嶋嶺雄 国際教養大学理事長・学長
    野依良治 独立行政法人理化学研究所理事長
    義家弘介 横浜市教育委員会教育委員、東北福祉大学特任講師
    渡邉美樹 ワタミ株式会社代表取締役社長・CEO、学校法人郁文館夢学園理事長

    [首相官邸webページより転載]






   [記事引用]

DJ OZMAに教育再生会議大激怒…首相直属会議にまで [ 01月20日 17時05分 ] 夕刊フジ

政府の教育再生会議が19日、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で歌手の「DJ OZMA」と共演した女性ダンサーが裸に見えるボディースーツを着用していた問題について議論したという。OZMA問題が安倍晋三首相直属の会議にまで波及した格好だが、「ほかに論じなくてはいけない問題があるのでは」と会議のあり方そのものを批判する声も出ている。

 会議には、安倍首相ら閣僚3人のほか、演出家の浅利慶太氏、元シンクロナイズドスイミング五輪選手の小谷実可子氏、“ヤンキー先生”こと義家弘介氏ら各界から集まった17人が有識者メンバーに名を連ねている。

 会議は第1次報告最終案に「有害情報から子どもを守る」ことを盛り込んでおり、この日、庶務を務める山谷えり子首相補佐官の発案で、「有害情報」の具体例としてOZMAのステージのビデオ映像を鑑賞することになった。

 メンバーからは「本当にとんでもない」「ショックを受けた」など、演出を問題視する意見が続出。放送倫理・番組向上機構(BPO)など放送倫理に関係する団体との意見交換を検討する方針を決めた。

 これに対し、コラムニストの勝谷誠彦氏は「議論すべき物事の優先順位がわかっていない」と痛烈に批判する。

 OZMAバッシングについて、勝谷氏は「テレビの地上波が“下流社会”のものになっているなか、NHKを別格にするのはおかしい」とした上で、会議の性格について「“性善説”によりかかっている」と指摘。

 「いわば、安倍首相という“若ダンナ”のまわりにいい人ばかりが集まった会議。ジャーナリストが含まれていないのがいい証拠。修学旅行や給食をめぐる利権の問題など、教育現場の“闇”の面に全く踏み込んでいない」と語る。山谷補佐官は会議後の記者会見で「子どものテレビ視聴にもっと社会は関心をもってほしい」と述べたが、自分たちの関心分野を見つめ直すべき?

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-21 01:15 | ネタ
OZMA紅白ポロリ世界に衝撃 [ 01月04日 06時11分 ] スポニチ
 
大みそかのNHK紅白歌合戦で、DJ OZMAが裸に見える衣装の女性ダンサーを登場させた騒動を、ロイター通信は2日(日本時間3日)、世界に打電した。
 04年のNFLスーパーボウルのハーフタイムショーで、歌手ジャネット・ジャクソンが胸を露出し問題となったことを引き合いに出し「ジャネット・ジャクソン騒動のような事態にNHKが謝罪した」と報じた。ジャネットの場合、片方の胸が出たが、今回の場合は両方の胸が“丸見え”のようだったため「フルスケールのジャネット・ジャクソン騒動」と評している。
 さらに「レッド・アンド・ホワイト・ソングコンテストで司会者が“女性ダンサーがボディースーツを着ていたが申し訳ない”」と詫びたことや、OZMAの「リアルに見えすぎたかもしれない」とのコメントも伝えている。ニューヨーク・タイムズなどもこの騒動を報じた。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-04 09:50 | テレビ
NHKに抗議殺到!OZMAバックダンサーが突然の“全裸” [ 01月01日 08時05分 ] サンケイスポーツ
 「第57回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京都渋谷区のNHKホールで行われ、ハプニングが続出した。開チン宣言で注目されたDJ OZMAは、本人の露出度よりも女性バックダンサーの“全裸”で驚かせ、抗議や問い合わせの電話が同局に殺到。本番中に三宅民夫アナウンサー(54)が謝罪を行う異例の事態となった。

 NHK開局以来、初のおっぱいポロリか? ブラウン管の前の誰もが、1度は目を疑った。

 問題のシーンは、DJ OZMAが歌う「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」の2番に突入する午後10時22分過ぎだった。金色に輝くリオのカーニバル風衣装を身につけた20人の女性ダンサーが突然脱ぎだした。

 ブラジャーやパンティーまで脱ぐ凝った演出で、お茶の間も公共放送のNHKでまさか!?と一瞬、目を疑ったに違いない。ただ、目を凝らして見ると、バストトップまでリアルに描いてはいるものの、バストや腹筋のラインをわざわざ入れるなど、肌色のボディースーツの上からヌードの絵を描いたと分かるものだった。

 しかし、NHKにはやはり抗議や問い合わせの電話が殺到。「あの衣装は子供の見ている時間にはふさわしくない」「ふざけすぎ」といったものなど、午後11時45分までに計252件あった。なかには、本当の裸と勘違いした視聴者もいたという。

 そこで同局では30分後の同52分、徳永英明が歌い終わった後に三宅アナが登場し、「さきほどのDJ OZMAのバックダンサーが裸ではないかという問い合わせがありましたが、ボディースーツを着用していました。誤解を与える結果となり、申し訳ありませんでした」と謝罪。結局この時間ロスが響き、審査結果発表が大幅に短縮されてしまった。

 OZMAは終了後、報道陣に囲まれ「リアルに作りすぎたかな。でも、見てくれないと意味がないから」とぽつり。その横を司会の中居正広(34)が通りがかり、「ちゃんとフォローしとけよ」と苦言を呈した。

 ただ、OZMAは「北島先生から『うまくいったな』と肩を叩かれ、器の大きさを感じました」と懲りてない様子。北島も「俺は隠れていたからちゃんと見ていなかったよ」と苦笑い。

 果たして、ここまで騒動を起こしたことが功を奏してアゲ♂アゲ♂視聴率といきますか。



   これでまた、受信料を払わない理由が出来たよ。





a0091182_0171994.gifAX
[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-01 10:09 | テレビ
OZMA「開チン宣言」にサブちゃんキレた 【2006年12月30日08時15分】 スポーツ報知



   これがNHKの演出だとしたら、これ以上サムイものは無いな。



   まあ、やらかした後で”綾小路翔"に戻ってたらもっとサムイけどな。



  [記事引用]


 
大みそかの「第57回NHK紅白歌合戦」(後7時20分)のリハーサルが29日、本番と同じ東京・渋谷のNHKホールでスタートした。「脱ぐ」宣言したDJ OZMAに大御所・北島三郎(70)が「張り倒すよ!」と一喝した。

 OZMAの“開チン宣言”にサブちゃんが怒りの待ったをかけた。OZMAは、報道陣の前に人さし指を股(こ)間の前で突き立てる挑発ポーズで登場。

 「ガチンコでチ○コ。世界中で放送されるみたいなので、日本男児のますらおぶりを見せたい。自信あるんですよ。母ちゃんも見とれてた」暴言はとどまらず、「出して(NHKに)出禁(出入り禁止)になるならまだしも、正月早々(刑務所で)臭い飯ですよ」。

 このOZMAの発言を聞いた大御所たちは黙っていなかった。9回目の大トリを務めるベテランのサブちゃんは怒り心頭だ。「張り倒すよ、そんなことしたら。遊びとは違うんだから。歌手は歌を歌えばいいんだ。大事なのは歌魂」と、真顔でまくし立てた。

 もう一人の“ご意見番”アッコもだまってはいない。「出すわけはないと思うけど、ホントに出すなら、私も“いいもの”持ってるから出すよ」と、ジョークを交えつつもチクリ。

 大御所たちの怒り爆発も知らず、OZMAは「スッポロで行くしかない。男の裸って美しいなと思っていただければ。(生放送でポロリした)笑福亭鶴瓶師匠以来。視聴率より膨張率!」と、暴言は止まらない。

 NHKにも「『やるよ』と言っても信じてくれない。僕を出したことを後悔する」と、宣戦布告。吉田豊久チーフプロデューサーも「僕も楽しみにしている」と、あまり相手にしておらず「全裸よりもすごいサプライズがある」と、演出に自信をのぞかせた。この日、さんざんしゃべったOZMAだが、リハーサルを行わず。演出は謎に包まれたままだ。



a0091182_0171994.gifAX
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-30 11:03 | ネタ