ブログトップ

今、そこにある危機。@それいけ!BPO!

kiki2010.exblog.jp

真実を得るためには、全てを疑え

申し立て人が質問サイト開設 「2ちゃんねる」閉鎖騒動混沌 [ 01月24日 12時55分 ] J-CASTニュース



  で、書籍化   と。






   2chも含めてすべてがネタのような裁判。
  

   暇つぶしにどうぞ。
     今回ひろゆきを訴えた35才会社員です



   [記事引用]
 
申し立て人が質問サイト開設 「2ちゃんねる」閉鎖騒動混沌 [ 01月24日 12時55分 ] J-CASTニュース

「2ちゃんねる」閉鎖騒動が続く中で、管理人の西村博之さんに対し、全財産仮差し押さえを申し立てた「35歳会社員」とみられる人物が、自分への質問を受け付けるサイトを立ち上げた。カキコミ数が2007年1月22日までに270を超え、「本当にあの会社員なのか?証拠を出せ!」などという疑問の声も上がっている。

ドメインを差し押さえ「できない理由を知りたい」
そのサイトは「今回ひろゆきを訴えた35才会社員の日記」。最初に「何か質問があれば答えます」と書き、質問を募っている。今回の事態に至った経緯については、こう説明する――2ちゃんねる上に自分の実名や住所を晒され誹謗、中傷、脅迫を受けた。誰がカキコミをしたのか情報を開示するように裁判にかけ、「開示しなさい」の判決が出たが、ひろゆきさんが無視した。それで「間接強制」により制裁金を課し、500万円まで積みあがった。その500万円を回収するための法的手続きだ。

質問と答えは例えばこんな具合だ。

>2ちゃんを閉鎖させる気?だったら許せないよ
「閉鎖させるなんて一言も言ってないですよね」
>2ちゃんのドメインを差し押さえできる自信はあるのですか?
「むしろできない理由を知りたいですね」
>差し押さえを行おうと思ったのですか?
「賠償金が500万円まで積み重なったからですね ここらでいったん清算しないとまずいでしょ」
>制裁金を取れた場合、会社員さんの方へ全額入るような形になるんでしょうか。
「制裁金はまず取れないでしょうね ですので軽自動車等を差し押さえします」
「2ちゃんの機能停止は起こらない」
>ドメインの差し押さえによる2ちゃんの機能停止は現実に起こりえる事態?
「おこりません。IPアドレス直打ちで見れますから」
>発信者の情報が開示されれば、博之氏への訴えは取りやめるつもりですか?
「そうですね」
そして、管理人は昔から2ちゃんを閉鎖したいと思っていて、ついにその時期がきたということだ、というのが会社員の見方だ。
「(2ちゃんを閉鎖すれば)キモヲタ(気持ち悪いオタク)の怒りと敵意がひろゆき自身にむかってくるのをものすごく恐れていて(中略) 私のような存在をうまくダシに使っているというか、スケープゴートにしたてあげているわけです。つまりひろゆき自身が閉鎖したがっている以上、近いうちに100%確実に閉鎖はします。そしてそれは裁判や差し押さえのせいではないのです」
一方のひろゆきさんは、07年1月16日にニワンゴの携帯電話配信インタビューで、「まだ閉鎖する気はないですー」などと閉鎖を全面否定している。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-24 14:05 | ネタ
<2ちゃんねる>書き込み者を名誉棄損で告訴 神奈川の学校 [ 01月16日 03時00分 ] 毎日新聞


   まあ、この手の記事が毎日新聞はお好きなようで。

   ”ネット君臨”関係かな?


   とりあえずツッコミ


   >5年12月~06年10月、

    ずいぶん古い話ですね。

   
   >退学者や入学予定者の辞退が相次いだという。

    みんな、ずいぶんちゃんと2ch見てるんだね。(というか信じてる?) 
 

   >2ちゃんねる運営者の西村博之氏に書き込みの削除を求めたが、削除されていない。

    ちゃんと”削除依頼”のフォームに書き込んだのかいな?
    ひろゆき本人に頼んでも無駄だと思うぞ。

   
   便所の落書きと同じ。とか言ってる割にはみんな信じちゃうんですね。
   ネットって怖いな~~。(^^;)



   でも、一番ツッコミたいのは、


   >不登校の子供が通う学校


   意味不明です。本当に記者の書いた文章でしょうか?
     
    【不登校】 : 学校に行かない状態。
             何らかの理由で積極的に登校しないことを選択する場合もあるが、
            心理的抵抗感から登校しない場合が多い。登校拒否。
  

   毎日の記者がそういう認識をしている事自体、問題が有ると思うんだけど。


  [1/18追記]

   他の報道や、テレビニュースでも

      ”不登校の子供が通う学校” と紹介しているのだが・・・・

   どう考えても間違った言い回しだと思うぞ???


       不登校”だった”子供の通う学校。

   もしくは
  
       不登校の子供を受け入れている学校。 

   が正しいと思われ。

   

   [記事引用]
   
<2ちゃんねる>書き込み者を名誉棄損で告訴 神奈川の学校 [ 01月16日 03時00分 ] 毎日新聞

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みで中傷されたとして、神奈川県小田原市で不登校の子供が通う学校を運営する学校法人「湘南ライナス学園」(吉崎真里学園長)が、書き込んだ人物を被疑者不詳のまま名誉棄損などで県警小田原署に刑事告訴していたことが分かった。

 告訴状は、05年12月~06年10月、不特定多数が「学園長は精神異常者」「ライナスでは学力が低下する」などの中傷やうその書き込みをし、同学園の信用や吉崎学園長の名誉を損なった――としている。同学園によると、中傷の書き込みは2000件以上に上り、退学者や入学予定者の辞退が相次いだという。同署は4日に告訴状を受理し、書き込み人物の特定を進めている。同学園は、2ちゃんねる運営者の西村博之氏に書き込みの削除を求めたが、削除されていない。吉崎学園長は「不登校など事情のある子供の居場所としてようやく設立された学園なのに、根拠のないことを書き込まれ運営に支障が出ている」という。

 同学園は、構造改革教育特区認定校に指定されたことを受け、05年4月に不登校やLD(学習障害)などの児童生徒向けに小・中・高一貫校として開校した。計43人が通っている。【堀智行】

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-16 18:58 | ネタ
「児童刺す」と書き込み 北九州の無職男を逮捕 [ 01月08日 18時04分 ] 共同通信
 
大阪府警池田署は8日、インターネットの掲示板に「池田小で児童を刺す」などと書き込みをしたとして、威力業務妨害の疑いで北九州市若松区、無職安田聖容疑者(27)を逮捕した。安田容疑者は昨年11月21日、「池田小に乗り込んで子供を包丁で刺す」「ガソリンをまいて放火する」などと書き込み、翌22日も「午後2時に池田小に乱入し危害を加える」と脅すなど、同28日までに計9回書き込みをした疑い。


   犯罪を起こす恐れのある人間が

   わざわざ、犯行を予告して捕まってくれるなんて

   便利な世の中になったものですな。


   これからは全ての犯罪者にネット予告を義務付ければよろし。

<ネット殺傷予告>執行猶予中の北九州男逮捕 大阪・池田署 [ 01月08日 21時30分 ] 毎日新聞
インターネット掲示板「2ちゃんねる」に、池田小学校の児童を刺すなどと書き込まれた事件で、大阪府警池田署は8日、北九州市若松区西小石町、無職、安田聖(きよし)容疑者(27)を威力業務妨害容疑で逮捕した。安田容疑者は「大阪教育大付属池田小学校(同府池田市)の児童殺傷事件を意識して書き込んだ」と供述し、容疑を認めているという。

 調べでは、安田容疑者は昨年11月21~28日、金沢、広島両市内のインターネットカフェで計9回、2ちゃんねるに「池田小学校に乗り込んで子供を包丁で刺す」などと書き込んで、大教大付属池田小や近くの市立池田小の業務を妨害した疑い。両校は先月、同署に被害届を提出した。

 安田容疑者は05年9月にも2ちゃんねるに「JR新宿駅を爆破する」などと書き込み、昨年2月、同罪で東京地裁から懲役2年6月(執行猶予4年)の判決を受け、現在、執行猶予期間中だった。【沢木政輝】


   これで、執行猶予はなくなった。と、

   めでたし、めでたし。

   まあ、日本の司法は精神異常者には甘いから。

   2年半後に簡単に出所してとんでもない事件起こすでしょうな。コイツ
[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-09 00:41 | 事件
毎日新聞と2ちゃんねらー 「全面戦争」の様相 [ 01月05日 19時46分 ] J-CASTニュース



    報道の基本中の基本とは


    「偏向報道をしない」、ということである。


    2chに叩かれている相手を被害者(もしくは善)

    叩いているものを加害者(悪)とする報道は、バランスを欠くものであると言わざるを得ない。

    こんなことを言ったらマスゴミの皆さんは極悪非道、悪の中の悪になってしまう。
    (基本的に叩き役だからね)

    わざわざ「2ちゃんねらーが集う忘年会に「潜入」」するのなら、


    「心臓病女児募金活動をしている方の忘年会」

    
にも潜入するべきであり、

   
    「非常識な書き込みをした主婦の忘年会」

    
にも潜入するべきなのである。


    (もしかしたら集まった募金を目の前に高笑いをしながら飲み食いをしているかもしれない。)

    (懲りずに非常識な書き込みをしているかもしれない。)



    これらの取材を行なわずに一方的な取材(潜入)で記事を書くのならそれはもう報道ではないのだ。

    2ch憎しで記事を書いたほうがウケると思って書いているのだろうが、


    それこそ自紙の存在を危うくするだけだろう。



 意図的に情報を隠して書く(情報操作をする)



     新聞など必要ないのだ.
    



  [記事引用]

元旦の新聞各紙の1面トップを飾るのは、「入魂のスクープ」であることが多い。だが、今年の毎日新聞は例外だったようで、1面の見出しを飾ったのは、2ちゃんねらーにはおなじみの「祭り」という文字。だが、「祭り=悪意が燃えさかること」という記事の論調に、2ちゃんねるのスレッドでは反発する大量の書き込みが行われ、「全面戦争」の様相を呈してきた。

話題になっているのは、「ネット君臨」という連載。連載初日の2007年1月1日には、3ページにわたって、2ちゃんねる関連の話題を取り上げている。記事の内容は、2ちゃんねるの書き込みで傷を負ったと訴える人の事例が二つと、2ちゃんねるの管理人である西村博之氏へのインタビューなどで構成されている。

「悪意」の燃えさかりが「祭り」
一つめの事例には、「難病児募金あざける『祭り』」という大きな見出しが付いており、米国での移植手術を希望している東京都三鷹市の上田さくらちゃん(4)を支援する会の例が紹介されている。内容はJ-CASTニュースでも06年10月に「心臓病女児募金活動に ネット上で批判噴出」「2ちゃんねらーと 救う会が初の『対話』」という記事で紹介したが、記事のトーンはJ-CASTニュースとは違っている。毎日新聞の記事によると、さくらちゃんの母親は、自宅前で携帯電話のカメラを構えた人影を目撃したといい、

「裸で歩いているような恐ろしさ。眠れない時もありました」
と、おびえる様子を紹介している。しかし、J-CASTニュースの記事で指摘されているような、募金活動のやり方や、集まったお金の使途が不透明なことが批判を浴びている、という点にはほとんど触れられていない。

さらに、この記事を執筆した記者は、2ちゃんねらーが集う忘年会に「潜入」し、2ちゃんねらーに取材をしているが、その結果、2ちゃんねるでわき起こった批判を、「悪意」だと、このように糾弾している。

「(忘年会に参加した2ちゃんねらーは) 掲示板の中傷に疑問を感じてはいない。ネットでは住人たちが一つの話題に群がり、ときに『悪意』が燃えさかる。彼らはそれを『祭り』と呼ぶ」
二つめの事例は、「エサ 総がかりで暴露」という見出しで、東海地方に住む主婦がブログで「非常識な書き込み」をしたために2ちゃんねるで「祭り」が発生、住所や夫の勤務先などが割り出され、夫の勤務先にも「奥さんの件はご存じですか」などと「電凸(でんとつ、電話による突撃)』が行われたことを紹介している。その結果、この主婦はしばらく自宅を離れざるを得なくなったという。

これらの事例に対して、2ちゃんねるでは当然のごとく書き込みが殺到、「ニュース速報+」と呼ばれる掲示板では、スレッドは1月5日17時時点で、すでに16本目に突入している。その中で多く指摘されているのが、2番目の事例に出てくる東海地方に住む主婦が、どんな「非常識な書き込み」をしたのかが書かれていない、という点だ。

「非常識な行為」紹介しなかったのは「編集上の判断」
実は、「非常識な内容」というのは、乗った飛行機がトラブルで出発地へ引き返すことになった時のことを書いた、こんな内容なのだ。

「『案内があるまでは携帯電話の電源は入れないで下さい』だと。それは勝手な言い分じゃないかい?みんな待ってる人がいるはずだろ?時間になっても到着しないなら心配するだろ??空港で待ってる人には空港が案内するだろうけど、その他はこの状態がわからんだろ??その間、2回スッチーが謝りに来た。ひざまづいて謝るが、当然無視っす」
「飛行機の中で携帯電話の電源は切る」というのは常識として認知されている上、法律でも定められていることだが、これを「勝手な言い分」と断言しているのだ。

この「非常識な行為」の内容を記事で紹介しなかったことについては、J-CASTニュースの取材に対して毎日新聞東京本社編集局では「編集上の判断です」とのみファクスで回答を寄せた。

なお、今回の特集については、毎日新聞社のサイトの一部である「まいまいクラブ」というコーナー内に特設ブログが開設されている。管理者の承認が必要ながらも、コメントが書けるようになっている。今回話題になった記事については、130近いコメントが寄せられ、賛否が分かれている。
また、今回の連載の趣旨については、「シリーズ全体を通して示していきます(毎日新聞東京本社編集局)」としている。

[PR]
by hotwired2010 | 2007-01-06 22:27 | マスゴミ
「妻の不倫」割り出し実話 「ガチで泣ける」悲劇的結末 [ 12月27日 20時14分 ] J-CASTニュース


   まあ、いきなり J-CASTが「実話」と書いた時点でオチは見えてるんだが。

   こんなネタ話に簡単に引っかかる人には笑ってしまう。

   ほんと、2chには青臭い奴が多いなぁ、・・・と(人の良い奴とも言うが・・・)

   

   というか、既婚男性板に書き込む単身赴任中の夫、というシチュエーションで

   普通、気が付くよなぁ..


   そんなヒマあるなら嫁とコミュニケーションとれって話だ。


 
   まあ。書いてる本人が死んで、その友人とやらが締める。なんていうのも

   ありがちである.(・・・・・というか面倒くさくなったのだろう。)



   まあ、こんなもん映画化されても困る。






  [記事引用]
2ちゃんねるの「既婚男性板」と呼ばれる掲示板に端を発する「妻からの間違いメール」という「実話」が話題を呼んでいる。ある日、妻が不倫相手に向けて出したメールが間違って自分に届いたことを、単身赴任中の夫が2ちゃんねるに書き込んだことがきっかけで、妻の浮気を調査、不倫現場を押さえるというドキュメントが展開される。その後、この話は夫の死、という思わぬ形で結末を迎え、読者からは「ガチで泣いた」などのコメントが相次いでいる。
きっかけとなったのは、「既婚男性板」に2006年4月13日に書き込まれた、こんな文章だ。
「現在単身赴任中なんだが嫁からメール来た。 『先週はごめんね(顔文字) 生理終わったからもう大丈夫だよ。 カラオケ終わったらしようね(はーと』俺、先週は家にいませんが?電話してもメールしても嫁はでませんが?」
     >>>つづく
[PR]
by hotwired2010 | 2006-12-28 01:59 | ツッコミネタ